ピアノの発表会は楽しい想い出です

小さい頃に家にピアノがあり、ピアノを弾くのがすごく好きでした。姉がピアノ教室に通っていたので私も一緒にピアノ教室に通うことになり、幼稚園の頃からピアノ教室に通っていました。ピアノ教室の想い出といえばピアノの発表会です。ピアノの発表会は大変でしたが楽しい想い出です。

ピアノの発表会に向けての練習を頑張っていました

ピアノの発表会が近づくと、発表会で披露する曲を練習するのですが、それがとても嬉しかったです。普段はバイエルの練習ですが、ピアノの発表会が近づくと、その曲が上手く弾けるように教えてもらえるので頑張って練習しました。私はあんまり上手くなかったみたいで先生はとても熱心に教えてくれました。30分のレッスンでしたが、熱心に教えてくれてありがたかったです。最初に発表会で披露した曲は幼稚園の年長のときで、「メリーさんの羊」でした。何度もピアノ教室と家で練習したので発表会当日は上手く弾くことができました。発表会があると母も張り切ってかわいい洋服を買ってくれるのでプリンセス気分で参加していました。私は教室の中でも幼かったので、先輩のお姉さんにもよくかわいいと言われて嬉しかったです。私の通っていたピアノ教室は小さい教室だったので、ピアノの発表会もいつもの教室で生徒だけで行っていました。小さい教室だったからあまり緊張もせずに楽しむことができました。先輩たちの上手な演奏を聴くのもすごく好きでした。普段は個人レッスンで生徒にあまり合わないので、ピアノの発表会でたくさんの生徒が集まるのは本当に嬉しかったです。

ピアノは今はないけどよい想い出です

ピアノは私や姉が大学生になって家を出てから誰も弾かなくなったので母が売却しました。実家に帰るとピアノがないのが少し寂しいですが、ピアノ教室に通ってピアノを楽しんでいたのは本当によい想い出です。母は女の子が生まれたらピアノを習わせたいと思っていたみたいで、姉が生まれてしばらくしてピアノを購入したそうです。そんなエピソードも素敵だなーと思います。幼稚園から小学3年生になるまで私はピアノ教室に通いましたが、とても楽しかったし、習わせてもらってよかったなーと思います。今でもピアノの音が大好きでピアノの音色を聴くと、ピアノ教室に通っていたことを想い出します。ピアノを習わせてくれた母に感謝しています。家にピアノがあったからいつでもピアノを弾くことができたし、ピアノの椅子に座ってピアノを弾くのがすごく好きでした。そんな環境で育ててもらえて本当に贅沢だったなーと感じています。今はピアノを弾くこともないし、ピアノを実際に見る機会も少なくなったけど、ピアノを見ると懐かしい想い出がよみがってきます。やっぱり想い出ってよいなーと感じました。そんな想い出を大切にしていこうと思います。

まとめ

ピアノの想い出で一番印象に残ってるのがピアノの発表会でしたが、発表会のためにピアノを練習して頑張った経験はよい経験だったと思います。ピアノの音を聴くといつもそのことを想い出すので、楽しい想い出ができてよかったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です